伯方雪日の罵詈淘奴日記

罵詈淘奴=バーリ・トゥード=ポルトガル語で「なんでもあり」です
CALENDER
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
<書評> デカルトの密室
著者:瀬名秀明
出版社:新潮社


面白かった。
タイトルからして密室殺人ミステリと思いきや、かなり形而上的問題を含んだSFでした。
人はなぜ意識をひとつしか持てないのか?
そう考える意識は自分と不可分なのか?
「ロボット」をモチーフに、デカルトの根本思想「我思う、ゆえに我あり」に対する、「意識」というものへのまったく新しい概念の提示。
ハードSF的手法でディティールを積み重ねながら、物語を破天荒に拡散させるのが瀬名作品のキモ。そういう意味ではラストの爆発が少し足りなかったかな、とも思いますが、このテーマでエンターテインメントできるというのは素晴らしい筆力だと思います。
常に「学者」としての視点と「物語作家」としての視点がギリギリでせめぎあっているのが魅力です。
オススメ。
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 書評 | 06:57 | comments(6) | trackbacks(2) |

コメント
「フランダースの犬」でパトラッシュが「斑(ぶち)」、ネロが「清」とかなってるのに笑った。ぶちて。名前変えんなよ。
| http://www.revenus-a-domicile.fr | 2014/11/26 11:06 AM |

少女の残酷性というのはわりとありふれたテーマだとは思いますが、少しづつ外していく感じが好印象です。
| http://www.ce2008clermont.fr | 2015/05/16 11:43 AM |


少女の残酷性というのはわりとありふれたテーマだとは思いますが、少しづつ外していく感じが好印象です
| http://www.coud-pouce.fr | 2015/06/30 6:09 PM |

その日の気分で入れ替わる感じ
| http://www.fifaclub.fr | 2015/07/02 4:16 PM |

うむむ、いやあおもしろかった!
| http://www.hotel-restaurant-causse-mejean.fr | 2016/05/21 11:26 AM |

ノンフィクションごちゃ混ぜです。
| http://www.en6cliks.fr | 2016/07/27 5:52 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yukihi.blog.bai.ne.jp/trackback/34587
トラックバック
wet and wild pussy
wet and wild pussy friends
| wet and wild pussy | 2007/04/21 7:52 AM |
ferrari f40
Good information about ferrari f40.
| ferrari f40 | 2007/04/21 5:17 PM |