伯方雪日の罵詈淘奴日記

罵詈淘奴=バーリ・トゥード=ポルトガル語で「なんでもあり」です
CALENDER
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
<書評> 千里眼事件 科学とオカルトの明治日本
著者:長山靖生
出版社:平凡社(平凡社新書)


だいぶ以前に読んだ「偽史冒険世界」(ちくま文庫)が面白くて、この著者には注目していました。そのわりに「日米架空戦記集成」(中公文庫)とか「日露戦争」(新潮新書)とか買ったまま読んでないけど。
で、この千里眼事件です。いわずとしれた、明治時代に一大ブームとなった透視、念写の科学的解析がでっちあげだったのか、というあの話です。わかりやすくいえば、「リング」の貞子のモデルですね。
ま、僕はその場にいたわけじゃないし、この事件について研究しているわけでもないけど、やはりこれはでっちあげでしょうね。なにしろ厳正に実験すべき福来博士の態度が怪しすぎる。
しかし、実験としてはお粗末としても、学会の派閥争い的なことで妨害されたり、謎の催眠術師が介入してきたり、その流れが面白すぎ。
歯科医のかたわらこういうことを丹念に調べて書く著者に、敬意。いい仕事です。
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 書評 | 22:46 | comments(8) | trackbacks(4) |

コメント
「フランダースの犬」でパトラッシュが「斑(ぶち)」、ネロが「清」とかなってるのに笑った。ぶちて。名前変えんなよ。
| http://www.giuseppecionfoli.it | 2014/11/26 11:08 AM |

少女の残酷性というのはわりとありふれたテーマだとは思いますが、少しづつ外していく感じが好印象です。
| http://canonnerie-saint-etienne.fr | 2015/05/16 11:42 AM |

ラウンジリザード
| http://www.utoughifanclub.it | 2015/05/16 12:01 PM |

少女の残酷性というのはわりとありふれたテーマだとは思いますが、少しづつ外していく感じが好印象です
| http://www.ce2008clermont.fr | 2015/06/30 6:00 PM |

その日の気分で入れ替わる感じ
| http://www.hitfanwrestlingnewz.fr | 2015/07/02 4:30 PM |

うわーー、これはあかんかった。
内容のわけのわからなさはまだいいんですが、演出にまったくキレがなくて、やる気なかったのが見え見えな感じ。
| http://www.villedegourbeyre.fr | 2015/12/04 5:18 PM |

うむむ、いやあおもしろかった!
| victoria secret uk | 2016/05/21 11:27 AM |

ノンフィクションごちゃ混ぜです。
| http://www.jeanclaudesorel.fr | 2016/07/27 5:53 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yukihi.blog.bai.ne.jp/trackback/30075
トラックバック
日記★
恥ずかしくも日記かきますした。
| 月が綺麗・・・ | 2005/12/09 11:02 PM |
足跡残します☆
よかったら見てくだちぃ♪
| 雛苺 | 2005/12/09 11:23 PM |
足跡残します☆
見させてもらいました♪初心者ですがよろしくです♪
| ひとちゃん | 2005/12/09 11:53 PM |
見てください★
お気に入り登録させてもらいました。
| ちょっとあれな日記w | 2005/12/09 11:56 PM |