伯方雪日の罵詈淘奴日記

罵詈淘奴=バーリ・トゥード=ポルトガル語で「なんでもあり」です
CALENDER
<< November 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
最近読んだ本
ジェイムズ・エルロイ「獣どもの街」(文春文庫)

今の僕が、最も好きな作家を一人挙げよと言われれば、それはエルロイになるかもしれない。
悪夢のブツ切れ文体を完成させた「ホワイト・ジャズ」は、そのぶっとびさに、いったいオリジナルはどういう表現なのか原書まで買ったほどだ(もちろん通してなど読めない。気になる部分を確認しただけ)。
そのエルロイ、「アメリカン・デストリップ」以降もう五年も訳書が出ておらず、禁断症状が出かかっていたころようやく本書が出たわけだ。
中編集ということで、いつもの錯綜しすぎて作者にも制御不能と化したかのような(それすら綿密な計算にも見える)暴走プロットはないが、そんなこたいいんです、エルロイが読めりゃあ。
慈しむように一編一編読みました。ああ、たまらん。主役二人のめちゃくちゃな関係性がもうエルロイ天国かつエルロイ地獄。何言ってんだ俺。
頭韻踏みまくった翻訳もご苦労様でした。


道尾秀介「シャドウ」(東京創元社)

「向日葵」で打ちのめされて以来、道尾さんの本は全てチェックしているのだけど、何ですか、この人。上手くなるスピードが尋常じゃない。
ぎこちなさが武器だったような「向日葵」に比べ、滑らかでサスペンスフルな展開は早くも職人芸の感も。
そして、ラストに炸裂、道尾節。またもややられた…。あんたすげえよ!


平山夢明「独白するユニバーサル横メルカトル」(光文社)

これは今のところ今年のベストかな。
短編集だけど、ひとつひとつの話が全てそのまま、まったく別の長編に使える素晴らしく魅力的な設定に溢れていて、もうもったいないことこの上なし。
表題作は、タクシーの運ちゃんの横に置かれた道路地図の独白というけったいなシロモノだが、驚異的な面白さ。人間は誰も知らない地図族の歴史とか、忠実な執事キャラとか、編図との淡い恋とか、面白すぎ。わりと普通のサイコキラーものが、視点をずらすことによって究極のオリジナリティとも言うべき傑作に。
ナビゲーションシステムに毒づく地図ちゃんがかわいい(笑)。



| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 書評 | 00:44 | comments(9) | trackbacks(15) |
マス・オーヤマもびっくり
フードファイター小林尊VS巨大羆!!
アメリカ人なに考えてるのか。なんて素敵な企画だ。

このアニメも意味不明。特に二話目、気持ち悪いんですけど。
小林、向こうではいったいどういう扱いなのか。
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 罵詈淘奴(雑多なこと) | 01:50 | comments(6) | trackbacks(8) |
最近見た映画
すっかり更新遅れたために、若干古い映画もありますが。

「スーパーマン・リターンズ」(監督:ブライアン・シンガー/出演:ブランドン・ラウス)

いやーなんというか、面白かった(笑)。
もうあの古臭いハンサム顔は見てるだけでにやけてしまいます。
スーパーマンの名に恥じないスーパーっぷりも楽しくて、劇場できゃっきゃ喜んでました。
それにしても、致命的弱点のクリプトナイトで刺され、どうなることかと思ったら、うおおおと叫んで根性でクリアするとは。
好みです、この人。


「時をかける少女」(監督:細田守/声の出演:仲里依紗)

アニメですが、なんかあっちこっちで異常に評判よくて、残念ながら大阪ではもうやってなかったので、東京に行ったときに見ました。
うん、まあ、悪くないです。いわゆる筒井康隆の原作からは少し外れて、現代を舞台に、原作の主人公の姪っ子を主役に据えてのオリジナル。
俳優という「生きている現実の個人」を削り上げて演出する実写とは違う、ゼロから人を創り上げることによるアニメ特有のリアリティの欠如がいいほうに作用しなかったというか。
面白いけど、なんとなく乗りきれない。難しいもんです。


「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」(監督:金子文紀/出演:岡田准一)

もう、安心して見れますね。ここまでキャラが育ったらクドカンも監督もやりやすいでしょう。
面白い設定さえ思いついたらあとはもう勝手にキャラたちがやってくれるわ、みたいな。
面白かったです。
結局ぶっさんが戻ってきたのはそのためかよ!みたいなしょーもない理由も好み。


「フラガール」(監督:李相日/出演:松雪泰子)

これまたやけに評判がよくて、みんな泣きまくりとか言うから見てきましたが、んあーこれはダメでしょ。
もう話も演出もあまりにもベッタベタ。夕張に引っ越す友人の見送りに走ってくる蒼井優とか、去ろうとする先生のところに、どういうわけかギリギリにホームに駆け込んでくる生徒たちとか、そりゃ、見てる間は泣けますよ、それなりに。日本人なんだから。ここを押されりゃ泣く、というところはあるんでね。
ただ、「新しさ」がまったくない。怖いほどない。
これは僕にとっては致命的です。
監督の李相日、「69」のときにも思いましたが、ギャグセンスがない。このネタならもっと笑えるところつくれるはずなのになあ。
残念でした。
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 映画評 | 00:17 | comments(5) | trackbacks(14) |
書評掲載
本日の朝日新聞、日曜の書評コーナーで、「誰もわたしを倒せない」が取り上げられました!
文庫の新刊紹介でチラッとなのでちゃんとした評が載っているわけではないのですが、もちろん載らないよりは断然いいです。
まあ、でもこの記事書いた人はたぶん読んでないんだろうな、という感ありありでしたが(笑)。

それでも天下の朝日新聞です。これによって図書館とかから注文がきたりするんでしょうか。よかったよかった。

ちなみに昨日キムタクの写真集が発売になりましたが、うちの店での昨日一日の売り上げは僕の本のほうが多かったです。
キムタクに勝ちました。男として。
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 作家活動 | 22:14 | comments(3) | trackbacks(3) |
文庫フェアのお願い
文庫担当書店員として、皆さんのご協力をお願いします。
毎年(って去年からやけど)十二月には、「今年のベスト文庫・新書」ってフェアを僕が企画してやってます。
ついては、皆さんに今年読んで面白かった文庫・新書を推薦していただきたいのです。
基本的には今年発行されたものが望ましいのですが、まあなんでもいいです(テキトーだな)。
文庫・新書、コミック文庫もありにします。
タイトル、出版社、著者などわかる限りと、オススメコメントがあればぜひ。
もちろんどなたでも結構ですよ。
数に限りがあるとは思いますが、基本的には皆さんのコメントPOPつきで販売したいと思います。希望がない限りは名前は出さないつもりです(イニシャルのみ)。

ここにコメントつけてくれても、メールを送っていただいても結構です。よろしくお願いします!
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 罵詈淘奴(雑多なこと) | 23:55 | comments(6) | trackbacks(3) |
PRIDE武士道其の十三
長すぎやっちゅうねん!

なんと六時間を越えるマラソン興行。
試合数の多さと判定決着の多さで前代未聞の長さになっちゃいました。
判定でも面白かったらいいんだけど、どうもイマイチな試合が多くて閉口しました。
五味対アウレリオのライト級タイトルマッチなんて期待してたのに、五味、びびりすぎてぜんぜんダメだし。ずーっとタックルを警戒して腰が引けてて、手打ちのパンチ出すだけでいつものガバッと入り込んでスコーンとワンツー打つあの動きがまったくなし。
それで逃げて逃げて判定勝ち。情けない。ガッツンガッツン行ってくれたら負けてもいいのにね。
ウェルター級GPもなんだかなあ。三崎も郷野も負けてしまい、メインの決勝はフィリオ対カーンの外人対決。途中のアナウンスでも、ドクターチェックの結果二人とも問題なし、て言ってたのに、急にメインの直前になって、フィリオの怪我が判明して、三崎が決勝に出ることになりました、て。なんだそれ? ドクターチェックってなんなの? 怪しいことこの上なし。
まあ急に言われて気持ち切り替えて出た三崎は偉いし、それでしかも勝っちゃって優勝しちゃったんだからまあおめでとうとは言いたいが、どうもすっきりしないな。
欠場の場合のリザーバーの順がどうもよくわかりません。だって当日ちゃんとリザーバーを決めるリザーブマッチってのをやってるんですよ?
それじゃあ、フィリオが怪我して、フィリオに負けた三崎も怪我して、カーンに負けた郷野も怪我してたらやっとリザーバーの出番になるのか? 意味ねえ。

それにしても一番の衝撃は、佐藤ディレクターの煽り映像復活。
PRIDE名物ともいえるオープニングや選手紹介の煽り映像は、フジ撤退後ショボショボになっていたのだが、今回ついに復活。ってなんで? 佐藤さんてフジの人じゃないの? フジ辞めてPRIDEと心中?
というわけで、噂の地上波復活はどうなるんでしょうかね。
僕はとりあえずノーカットで見たいのでスカパーで続けてくれるなら今のままでもいいんですが。

とにかく今日は疲れました。

| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 罵詈淘奴(雑多なこと) | 00:25 | comments(6) | trackbacks(6) |
圧倒的大展開
mixi日記にも書きましたが、実は現在大阪の紀伊国屋書店本町店にて、「誰もわたしを倒せない」が大フィーチャーされています。
まあ、担当の方がよく出版社の会合などでお会いする知り合いなので、ご祝儀的な意味もあるのでしょうが、素直にありがたく思い、また感動しました。

こんな感じ。すごいでしょ。


オリジナルの帯まで作ってくれてます。


お礼を言いに昨日の休みに行ってきました。
「サイン本作ってよ」と言われ、事務所に案内されて十五冊ほどにサイン。
通常、委託制度である書籍は出版社に返品可能なのですが、サインなどしてしまうと買い切り扱いとなって返品できなくなります。
書店側の立場も十分承知している僕は心配になって、「こんなにサインして大丈夫ですか?」と訊くと、「え? もっとやってくれるの?」と、さらにどっさり持ってこられ、計四十冊ほどサイン本を作成してしまいました。
ひえええーごめんなさい。そしてありがとうございました。
熱意のある書店のありがたみを初めて知った思いです。

次回作も鋭意改稿中。打倒道尾秀介! ウソです。
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 作家活動 | 00:05 | comments(5) | trackbacks(190) |