伯方雪日の罵詈淘奴日記

罵詈淘奴=バーリ・トゥード=ポルトガル語で「なんでもあり」です
CALENDER
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
<書評> 少女には向かない職業
著者:桜庭一樹
出版社:東京創元社(ミステリフロンティア)


はたと気づきましたが、実はこのミステリフロンティアシリーズ、自分以外のを読むのは初めてや! いいのかそれで。ははは。
ええと、なかなかよかったです。
少女の残酷性というのはわりとありふれたテーマだとは思いますが、少しづつ外していく感じが好印象です。
ラストはああ、そこまでやっちゃうか的なところまでいっていて、「少女」という存在自体の華やかさと事態の陰惨さとの対比が、「リアルじゃない」という批判を超えてファンタジーと化していて成功しています。
面白かったです。
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 書評 | 00:09 | comments(7) | trackbacks(4) |

コメント
少女の残酷性というのはわりとありふれたテーマだとは思いますが、少しづつ外していく感じが好印象です。
| http://www.longchamppascherf.fr | 2014/11/26 11:10 AM |

少女の残酷性というのはわりとありふれたテーマだとは思いますが、少しづつ外していく感じが好印象です。
| http://www.utoughifanclub.it | 2015/05/16 11:41 AM |

少女の残酷性というのはわりとありふれたテーマだとは思いますが、少しづつ外していく感じが好印象です
| http://www.apeldoornsduikteam.nl | 2015/06/30 5:59 PM |

その日の気分で入れ替わる感じ
| http://www.renouage.fr | 2015/07/02 4:35 PM |

もっとガチガチの本格かと思ってました。
ミステリというより、オチのひねりの効いたちょっと粋な短編小説、て感じですね。うん、なかなかいい感じです。
| http://www.chateau-valleroy.fr | 2015/12/04 5:21 PM |

うむむ、いやあおもしろかった!
| http://www.pocket-quad-enfant.fr | 2016/05/21 11:28 AM |

ノンフィクションごちゃ混ぜです。
| http://www.cpa-gares-66.fr | 2016/07/27 5:54 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yukihi.blog.bai.ne.jp/trackback/29136
トラックバック
Richard Edwards
The 1298 Mary Parker blog
| Sharon Lewis | 2007/04/18 9:18 PM |
Dorothy Anderson
The 3780 Susan Nelson blog
| Mark Johnson | 2007/04/20 2:47 AM |
Joseph Hill
The 8420 Patricia Thompson blog
| Mary Wilson | 2007/04/20 7:05 AM |
Patricia Thomas
The 2736 William Edwards blog
| Richard Allen | 2007/04/22 1:12 AM |