伯方雪日の罵詈淘奴日記

罵詈淘奴=バーリ・トゥード=ポルトガル語で「なんでもあり」です
CALENDER
<< August 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
訃報
元講談社の編集者で、いわゆる「新本格ミステリ」の仕掛け人である宇山日出臣氏がお亡くなりになりました。
パーティーなどでお見かけするだけで、畏れ多いとお話したことがなかったことが悔やまれます。
ご冥福をお祈りします。
| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 作家活動 | 21:29 | comments(1) | trackbacks(3) |
ひさしぶりに東京でした。
先日の土日に、東京に行ってきました。
土曜に新作長編の打ち合わせ、および参加予定の書き下ろしアンソロジーの打ち合わせと飲み会。
ふだんあまり他の作家さんと交流がないので緊張しましたが、非情に刺激的で面白い時間を過ごしました。
日曜は一人で原宿で「ハチミツとクローバー展」を鑑賞し(笑)、ジュンク堂新宿店へ。懐かしい面々と再会し、そしてこれまでなかなか行く機会のなかった吉祥寺のミステリ専門書店「TRICK+TRAP」へ。
デビューに当たり大変お世話になった東京創元社の前社長、戸川さんがここで働いていらっしゃるのでご挨拶。
狭いながらも実に楽しい空間。ずっといたい気分でした。以前から気になっていた「わが名はヴィドック」などを購入し、ハードカバーにはひらいたかこさんデザイン、文庫にはいしいひさいちさんデザインのオリジナルブックカバーをつけてもらいご満悦。これも今回の上京の目的でした。
「袋はご入用ですか?」との問いに喜び勇んで「ぜひ!」と答えたら、なんと出てきたのはジュンク堂のビニール袋。なんでやねん!
「袋は自分たちのを使いまわしにしている」とのこと。いいけど。見飽きてるよ、この袋は(笑)!

新幹線では行きも帰りもぐっすり寝てしまい、ほとんど読書は出来ず。マイケル・スワンウィック「グリュフォンの卵」を半分ほど読んだだけでした。
んー最近書評の更新もしてませんね。読むペースはどんどん遅くなってます。しかし個人的な今年のベストクラスの本を最近読みました。いずれまた。

大学時代の友人たちとはまるで会えなかったのが心残り。しかし楽しい旅でした。


| 伯方雪日(はかたゆきひ) | 罵詈淘奴(雑多なこと) | 21:23 | comments(4) | trackbacks(4) |